雨漏り事案、会社屋根の施工事例です。名古屋市港区入船

今回は陸屋根の施工事例です。施工地域は名古屋市港区入船のお客様です。
会社ビルの陸屋根です。
既存防水シートが経年劣化によって破れてしまい、頻繁に雨漏りが発生していた為に、ご相談を頂きました。
既存防水層は断熱ゴムシート防水でした。
断熱材が施工されていた為に、断熱材を生かす事が出来る、塩ビシートアンカー固定工法を採用しました。
一部断熱材の下に雨水が浸入していた為に、不良箇所のみ断熱材を張り替えて
塩ビシートをアンカー固定工法で上張りしました。
2a5333dcaec45f9797a6884939597957
before
cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b2
既存防水層は断熱ゴムシート防水でした。
allow1
after
2a5333dcaec45f9797a6884939597957
新規に塩ビシートアンカー固定工法で施工しました。

施工前

af6f162a44818ff221180074040d3474
既存防水層は断熱ゴムシートでした。断熱材は撤去しなくて断熱効果を生かす仕様で施工しました。
ade634909307c66ccad1918bd4d42fc91
ゴムシートの伸縮が原因で防水シートの捩れ、剥離が進行していました。

施工中

a19b7c34ed890d189e82181ed6fba42b
絶縁シートを敷き込みディスクをアンカー固定しています。
c265bf27e11fe4bbaa15a45f13a1e5ce
塩ビシートを敷き込みディスクと誘導加熱接合しました。

施工後

2a5333dcaec45f9797a6884939597957
笠木の復旧も完了してこれで雨天時も安心です。
78d16c08bfb63c09b30a025c22e9cf08
先端部分もシートが剥離しないように専用金具を使用して
処理しました。