雨量によって雨漏りが...名古屋市西区栄生

今回は陸屋根の施工事例です。施工地域は〔名古屋市西区栄生〕のお客様です。
雨量によって雨漏りが発生してしまった為に、今回ご相談を頂きました。
既存防水層はゴムシート防水でした。
新規防水はウレタン塗膜通気緩衝工法をご提案しました。
既存ゴムシートの剥離症状が激しかった為に【シート撤去→下地処理→ウレタン塗膜通気緩衝工法】で
新規施工させて頂きました。
長期保証をご提供できて安心いただけました。
8a3ce8356ac2bfef7e0ec5776025fc04
before
cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b4
既存防水層はゴムシート防水でした。
allow1
after
8a3ce8356ac2bfef7e0ec5776025fc04
新規にウレタン塗膜通気緩衝工法で施工しました。

施工前

DSC_0706
既存ゴムシートの剥離が多々ありました。部分的に防水シートが無い箇所がありました。
ade634909307c66ccad1918bd4d42fc93
既存ゴムシートの捩れがありました。

施工中

df20a113b6577f004696928768d83509
既存ゴムシートを撤去して下地処理(雨養生)をしました。
a788da5567ef016d9249464d429bf91c
通気緩衝シートを専用接着剤で張付けてウレタン塗膜を下塗り、上塗りと2回塗布しました。

施工後

8a3ce8356ac2bfef7e0ec5776025fc041
立上りパラペットのテンバまでしっかりと塗布しました。
89181240460e9844f90ea2281d0e72d0
室外機の下も専用台を使用して塗布しました。
ふくれの発生を防ぐ目的で脱気筒を取り付けました。