代表ブログ

2年点検です。

2018年8月30日|カテゴリー「代表ブログ
本日は2年前に施工させて頂いたお客様の【点検作業】をしてきました。
施工地域は、名古屋市天白区のビル陸屋根です。
このビルはタラップで、屋上に上がることができるので助かります。



cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b18
2年前の防水工事【施工前】です。
既存防水層はウレタン塗膜防水です。
所々に塗膜の風化が見受けられました。
現状は躯体がしっかりしていた為に、雨漏りはしていないようです。
6b2dfe066533275f45f9b00f49e0bc5d12
2年前の防水工事【施工後】です。
ウレタン塗膜防水クロス挿入工法で施工しました。
防水工事【完了】直後でピカピカです。
f1b66f5408f9bdd64767ef2daede8166
2年後(現在)の状態です。
亀裂や急激な風化も無く、良好な状態で安心しました。
5年~7年に一度トップコート(保護塗料)を施工する事によって
防水層の寿命が延びるので、お勧めします。

雨漏り補修工事です

2018年7月28日|カテゴリー「代表ブログ
本日はバルコニーの補修工事を施工しました。
梅雨時期の長雨によって雨漏りしていたようです。
原因が防水層の端末からと判断したため、端末シーリングの補修工事をお勧めしました。
今回は既存の防水層が原因では無いと判断した為です。

cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b15
防水層の立上りの端末から、雨水が浸入していると
判断しました。

a19b7c34ed890d189e82181ed6fba42b5
防水端末にシーリングを打ちました。
2a5333dcaec45f9797a68849395979575
補修工事が完了しました。
当社では部分的な補修工事も行っています。
お気軽にご相談下さい!

陸屋根の水洗いです

2018年6月25日|カテゴリー「代表ブログ
本日は陸屋根の水洗いを施工しました。
高圧洗浄は永年かかって付着した汚れを、一気に洗い流してくれます。
水洗いの作業を省いてしまうと、【既存防水層】と【新規防水層】の接着不良が発生します。
接着不良が発生してしまうと、防水層の剥離、耐久性の減少などが数年後におきてしまいます。
防水層の寿命を延ばす為には、高圧洗浄は重要な工程です。
cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b14
陸屋根の施工前状況です。
目視ではさほど汚れていないように見えますが.....


a19b7c34ed890d189e82181ed6fba42b4
高圧洗浄機で水洗いしてみると、意外と汚れが付着しています。
水洗いをしないで防水工事を進めてしまうと、接着不要がおきてしまいます。
とても大切な工程です!!

2a5333dcaec45f9797a68849395979574
水洗いが完了しました。
後はしっかりと乾燥させて、防水工事にかかります。
夏の時期は快適ですが、冬場は寒くて少しきつい作業です!

伸縮目地のシーリング作業です

2018年6月4日|カテゴリー「代表ブログ
本日はコンクリート造【陸屋根】 伸縮目地シーリング施工を行いました。
伸縮目地とは温度変化などがによる、膨張や収縮でコンクリートが亀裂するのを
防ぐ為に設ける目地のことです。
通常は目地処理→防水工事が一般的な施工方法ですが、今回は予算の都合、
雨漏りがしていない、などの理由でシーリング工事のみ施工しました。


cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b13
伸縮目地が膨張、収縮によって飛び出してしまいました。
コンクリートの下に、防水層が形成されている為に
雨漏りはしていないようです。





a19b7c34ed890d189e82181ed6fba42b3
伸縮目地は撤去が可能なので、全て撤去しました。
素材はプラスチック製です。

2a5333dcaec45f9797a68849395979573
目地材を処分して、専用バックアップ材を入れた後、
シーリング材で仕上げました。
通常は次に防水工事を施工しますが、今回はシーリング工事のみで完了です。
お客様のご都合にあわせた【施工方法】のご提案も行っていますので、お気軽にご相談下さい。

名古屋市瑞穂区で止水工事

2018年5月10日|カテゴリー「代表ブログ
本日は店舗室内に雨水が浸入して、困ってみえるお客様の依頼で、止水工事を施工しました。
こちらの店舗は、お隣のお家との間に高低差がある為、雨が降ると内壁から雨水が浸入してしまうようです。


DSC_0211
雨水の浸入箇所を明確にする為に
店舗の内壁の一部を、ハツリ機で解体しています。
砂ほこりが飛散する為に、完全防備で施工中です。

DSC_0216
雨水の侵入箇所が明確になったので
そこに止水セメントを、確実に塗りこみました。
本来は雨水の浸入箇所を見つけて、外部から防水処理をするのがベストですが、立地条件などで、浸入口から防水処理が出来ない場合もあります。
似たような事でお困りでしたら、ご相談下さい。



pagetop_btn