代表ブログ

手摺根元の点検も重要です

2018年4月19日|カテゴリー「代表ブログ
本日は名古屋市緑区のお客様の屋上点検にうかがいました。
手摺の腐食が気になりました。
根元のシーリングも劣化している為、早めのメンテナンスをお勧めしました。
DSC_0178
手摺のさびが原因で、さび水が防水層に付着しています。
永年放置してしまうと、鉄部の根元が腐ってしまいます。
またさび水は防水層にも、あまり良くないので、早めの対策が必要です。


DSC_0179
メンテナンス方法は、手摺の塗装、根元のシーリング、防水の改修工事、又はトップコート(保護塗装)の施工です。
予算に応じたメンテナンス方法のご提案もしていますので、お気軽にお問合せ下さい。

ひび割れ(クラック)の補修方法です

2018年3月8日|カテゴリー「代表ブログ
お家のメンテナンス点検は、おうちの寿命を延ばす事につながります。
年数が経つと外壁の基礎に【ヒビ】が入ってしまうことがあります。
永年放置しておくと、広がってしまいます。

cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b9


外壁の基礎部分のひび割れです。
新築当初は無かったけど...
コンクリートは年数がたつとわれてしまいます。


a92b8cd47737952887e0349c0fc27c4b





厚みを確保するために、サンダーでU字型にカットします。



55888f4279d6f5ca71f755a1fc3cda65
エポキシ樹脂を専用ガンで充填します。

11cbe4dc43bdcbdea7b4eafa92e26c41
厚みも確保できました。

6b2dfe066533275f45f9b00f49e0bc5d6


【ひび割れ】によって分断されたコンクリートを
一体化し、耐力を復元します。
弊社では外壁の補修工事も行っています。
気になることがありましたら、お気軽にお問合せください。

ドレン(排水口)の改修方法です

2018年2月24日|カテゴリー「代表ブログ
屋上・バルコニーのドレン(排水口)管内の、経年劣化による雨漏り事例は多々あります。
目視で確認が出来にくい為に、見落としがちな箇所ではありますが
気付かずに放置しておくと、雨漏りに直結してしまいます。


18f480d5f83873fb6ab579e8ca54a9b1
ドレン(排水口)と雨どいの接合部が、経年劣化によって
剥離してしまう事が原因と考えられます。
出来てしまった隙間から、雨水が室内に浸入して
雨漏りを引き起こしてしまう事になります。
9
改修方法としては、ドレンの上に改修用ドレンを
そのままかぶせて、劣化した部分に雨水が通らない
仕組みをつくる必要があります。
種類も【鉛製】【FRP製】【塩ビ製】【ゴム製】と
揃っている為、既存防水層の種類によって
使い分けて施工します。
01d3865e2672eb3a6009f01862debd37
注意しなければならないのが、改修用ドレンを取付る事によって、ドレン廻りの周辺が5mm程度高くなってしまいます。
雨水の流れが悪くなって、水溜りが出来てしまう可能性がある為、現状の勾配を考慮して、施工する必要があります。
改修用ドレンが必要か不要かの判断は、施工業者と良く話し合って、双方が納得した上で施工する事をお勧めします。

防水シートの荷上げ、産廃下しの方法です。

2018年1月26日|カテゴリー「代表ブログ
先日撤去したアスファルトシート防水層の荷下しと、新規防水シートの荷上げ方法をご紹介します。
6
今回撤去したアスファルト防水シートは、ゴムシートや
塩ビシートのように巻く事が出来無い為に、ウインチや
ロープなどを使用して荷下ろしする事が出来ません。
クレーン車を使用して下ろしました。
ワイヤーモッコを使用して、安全に配慮しながら産廃用の
コンテナの中に下ろしました。
1時間程度で産廃下し、荷上げが完了しました。

7
新規防水シートをレッカーを使用して荷上げしています。
入居者様やご近所様にご迷惑かけることなく、無事にレッカー作業が終了しました。

名古屋市瑞穂区で防水シート撤去しました。

2018年1月19日|カテゴリー「代表ブログ
本日はコンクリート造陸屋根の既存防水層を撤去しました。
防水シートがアスファルト防水層だったために
ハツリ業者さんに協力してもらって、1日がかりで撤去しました。
DSC_0236
既存防水シートに雨水が浸入していたために
防水シートを撤去しました。
既存防水層の状態が良好であれば、撤去しないカバー工法で施工可能でした。
一度雨水が防水シートに浸入してしまうと、撤去しないと雨水が抜けません。
既存防水シートがアスファルト防水層だった為に
撤去に苦労しましたが、全面撤去完了出来ました。
また防水シートを撤去すると、雨漏りにも直結してしまうので綿密な施工計画が重要です。
DSC_0247
撤去した防水シートです。
明日はレッカーにて産廃を下します。
安全に十分注意して作業にあたります。
雨養生も確実に施工しました。
下地は非常に重要なポイントです。
出来るだけきれいな下地を確保すれば、新規防水シートをきれいに確実に張ることが出来ます。
pagetop_btn