代表ブログ

トップライト廻りからの雨漏り

2020年4月10日|カテゴリー「代表ブログ
本日はトップライト廻りからの雨漏り補修の施工事例です。
雨量によって雨漏りが発生していたようです。
原因はトップライト廻りシーリング劣化の可能性が高いようです。
目視では分からないですが、チェックした結果シーリングが切れて隙間がありました。
既存シーリング材を撤去して、新規にシーリング材を充填しました。
周辺の既存防水層が原因では無いようです。
雨漏りは雨水の浸入箇所を明確につきとめる必要があります。


cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b42
屋上にあるトップライトです。
ちょうど真下の室内に雨漏りが発生していました。
既存防水層(ウレタン塗膜防水)が原因では無いようです。



ade634909307c66ccad1918bd4d42fc917
トップライト水切りと既存防水層の隙間のシーリング材が切れていました。
シーリング材は年数が経過すると劣化して切れてしまいます。
1年に一度程度で構いませんので点検する事をお勧めします。

176c3303ad589adcd31786c857866f80
既存シーリング材を撤去しました。
2面接着で施工してありました。
両面にカッターを入れて撤去しました。
取り残しが無いように出来るだけきれいに撤去しました。
418e5b3382ef747fb2344d51390463e7
撤去後、シーリングプライマーを塗りました。
プライマーは接着を強度させる重要な役目をします。

8f60ca8c444d9a2faab3c819af04e0271
専用ガンを使用して、シーリングを打ちました。
今回は数量が少なかった為、1液性を使用しました。
数量が多い場合は2液性を使用します。
2液性は主剤と硬化剤を専用ミキサーで攪拌して、使用するシーリング材です。
6b2dfe066533275f45f9b00f49e0bc5d24
新規シーリング材を充填して、均一に均します。
エアー(空気)を巻込まないように気をつけて仕上げました。
シーリング材は気温にもよりますが、大体1日で硬化します。(固まります)

1b98b9bdc58c64888028bae6d5876bab10
施工完了です。
見た目は施工前と、そんなに変わらないです。
これで雨漏りも解消しました!
pagetop_btn