代表ブログ

トップライト廻りからの雨漏り

2020年9月10日|カテゴリー「代表ブログ
本日は外壁サッシ出窓廻りからの雨漏り補修の施工事例です。
5年前に防水工事を施工させて頂いた名古屋市天白区のお客様からのご依頼です。
雨の降り方によって雨漏りが今回初めて発生していたようです。
原因は【出窓廻り】シーリング劣化の可能性が高いようです。
経年劣化によってシーリングが切れて隙間がありました。
既存シーリング材を撤去して、新規にシーリング材を充填しました。
一旦これで様子を見て頂きます。
もしも雨漏りが改善出来なければ、次はタイル面の【透明アクリル樹脂エマルション】塗布を提案する予定です。
雨漏りの原因は1ヶ所とは限らないので、可能性の高い箇所から順番に施工する事が雨漏りを止める重要ポイントです。



cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b46
外壁タイル面の出窓です。
ちょうど真下周辺の室内に雨漏りが発生してしまいました。
経年劣化で既存シーリング材に亀裂がありました。
水切り部分の金物×金物にも隙間がありました。




a19b7c34ed890d189e82181ed6fba42b24
既存シーリング材を撤去しました。
シーリングプライマーを塗りました。
プライマーは接着を強度させる重要な役目をします。
c28f042a7ac8aa8e8da6988035578c2820
用ガンを使用して、シーリングを打ちました。
今回使用したシーリング材は2液性です。
2液性は主剤と硬化剤を専用ミキサーで攪拌して、使用するシーリング材です。
2a5333dcaec45f9797a688493959795722
施工完了です。
隙間もしっかりとシーリング材で充填しました。
これで雨漏りも改善されます!
pagetop_btn