代表ブログ

名古屋市昭和区で既存防水層撤去作業、雨水侵入の形跡がありました。

2023年8月22日|カテゴリー「代表ブログ
本日は名古屋市昭和区で住宅陸屋根(勾配屋根)防水工事を施工しました。
既存防水層はゴムシート防水です。
雨水侵入の形跡がありました。
入隅の剥離症状もあります。
既存ゴムシートを撤去したら下地の剥離がありました。
このまま施工してしまうと将来的な防水層の寿命に影響が出てしまいます。
剥離部分を撤去したらカチオン+アスファルト防水の下に雨水が侵入していました。
急遽ハツリ職人さんにお願いしてハツリ作業を行いました。



PXL_20230626_050958362
既存防水層はゴムシート防水です。
PXL_20230710_015436533.MP_
既存ゴムシートを撤去しました。
PXL_20230710_015517133
下地が著しく酷い状態です。
PXL_20230710_015550599
出来るだけ剥離箇所を撤去しました。

名古屋市北区の陸屋根防水工事、既存ゴムシートを撤去してひび割れシーリング処理を行いました。

2023年8月18日|カテゴリー「代表ブログ
本日は名古屋市北区で陸屋根改修防水工事を施工しました。
既存防水層はゴムシート防水です。
18年経過している為、今回防水工事の依頼を頂きました。
現状雨漏りはしていませんが、雨漏りしてしまう前に工事をご希望されました。
下地はコンクリート下地です。
端末押え金物を撤去してゴムシート防水層を撤去しました。
コンクリート下地のひび割れはシーリング処理を行いました。
下地処理(カチオン系)を塗布して明日から新規防水を施工します。



1683953714896
端末押え金物を撤去して、ゴムシート防水層を撤去しました。
1683953715065
カッター、バール、ハンマー等を使用して撤去しました。
PXL_20230510_002546336
ドレン廻りも完全に撤去しました。

東海市で住宅ベランダの防水下見調査、雨量によっては雨漏り案件

2023年8月12日|カテゴリー「代表ブログ
本日は東海市で住宅バルコニーの下見に行きました。
現状は雨量によって雨漏りがしてしまう様です。
下地はモルタル下地です。
建物側の外壁はトタンで床まで張り下げてある状態です。
防水層を立ち上げても切れてしまう恐れがあります。
ドレン廻り(排水口)はゴム詰まりなども無く水はけは良好です。
既存防水層はポリマーセメント系塗膜防水です。
経年劣化の影響でひび割れが多々ありました。



PXL_20230520_004951261
外壁トタンが床まで張り下げてあります。
PXL_20230520_005014724
ドレン廻り(排水口)は異常なしです。
PXL_20230520_005036433
平面にひび割れが多々ありました。

名古屋市緑区で折半屋根の雨漏り修繕工事、今回は部分補修で施工しました。

2023年8月8日|カテゴリー「代表ブログ
本日は名古屋市緑区倉庫屋根の雨漏り補修工事を施工しました。
折半屋根に腐食部分がありました。
全体的に腐食が進行している状況ではないので補修で依頼を請けました。
施工方法としましては、腐食部分にアルミ板を張り付けました。
ボルト頭はボルトキャップの内側にシーリングを充填して取付けました。
アルミ板の裏側もシーリングを充填しました。
折半屋根のジョイント部分はシーリングのみを打ちました。
出来る範囲ではありますが雨漏りの原因となりそうな箇所は処理しました。
これでしばらく様子をみて頂く事となります。



PXL_20230721_003926372
折半屋根一部に腐食がありました。
PXL_20230721_004410206
裏側にシーリングを充填してアルミ板を張り付けました。
PXL_20230721_004818413
一部に上部には防水テープを張りました。
PXL_20230721_005109512.MP_
アルミ板の廻りはシーリング処理を行います。
PXL_20230721_012522553.MP_
ボルト頭は錆が進行していました。
PXL_20230721_013426534
ボルトキャップの内側にシーリングを充填して取付けました。
PXL_20230721_013433788
ボルトキャップ取付処理完了です。
PXL_20230721_025716514
雨漏りの原因と考えられる箇所の処理は一旦完了です。

長久手市で擁壁面のひび割れ補修、エポキシ樹脂を充填しました。

2023年8月5日|カテゴリー「代表ブログ
本日は長久手町で擁壁面のひび割れ補修工事を施工しました。
経年劣化によってひび割れの幅が広がってしまいました。
サンダーを使用してⅤカットにカッティングしました。
グリス状のエポキシ樹脂を専用カートを使用して充填しました。
エポキシ樹脂はコンクリートやモルタルを一体化して、耐力を復元します。

PXL_20230712_015919435
擁壁面にひび割れがあります。
PXL_20230712_021048218
サンダーを使用してⅤカットに切断しました。
PXL_20230712_021309544
ひび割れ部のホコリを除去しました。
PXL_20230712_023621346
専用カートを使用してエポキシ樹脂を充填しました。
PXL_20230712_023629507
グリス状のエポキシ樹脂を使用しました。
PXL_20230712_025902199
ひび割れ補修工事完了です。
pagetop_btn