代表ブログ

豊明市住宅ベランダでFRPトップコート防水補修工事を施工しました。

2023年9月21日|カテゴリー「代表ブログ
本日は豊明市住宅ベランダでFRP防水トップコート補修工事を施工しました。
3年前に弊社で施工させて頂いたお施主様です。
FRPトップコートは年数が経過するとひび割れしてしまう事例があります。
補修方法としましては、ひび割れ箇所を研磨(ペーパー処理)してアセトン拭きした上でトップコートを塗布します。
防水層まではひび割れしていない事が多いので、雨漏りには直結しないです。
防水層を保護するトップコートは定期的にメンテナンスする事が重要です。


PXL_20230913_050608255
FRPトップコートのみが剥離してしまいました。
PXL_20230913_052129001
紙やすりで研磨処理しました。
PXL_20230913_053053755
アセトン拭きを行いました。
PXL_20230913_054827984
FRPトップコートをタッチアップして完了です。

名古屋市昭和区で公団マンション浴室防水工事、下地処理+FRP防水を施工しました

2023年9月15日|カテゴリー「代表ブログ
本日は名古屋市昭和区で公団マンション浴室の防水工事を施工しました。
浴槽の入替工事に伴う防水工事です。
既存下地はタイルです。
タイルの上からでも施工は可能です。
施工手順としましては【水洗い】→【下地処理・カチオン系】→【FRP防水】この様な流れです。
室内での防水工事で溶剤を使用する場合は危険が伴う為安全対策が必要です。
喚起を十分に確保して、送風機を使用するなどの対策をした上で施工する事が重要です。

PXL_20230808_001727022
既存下地はタイル下地です。
PXL_20230808_004200828.MP_
FRPプライマーを塗布しました。
PXL_20230808_013428152
ガラスマットを敷きました。
PXL_20230808_024023030
FRP樹脂で十分に含浸させます。
PXL_20230808_041434665
FRP樹脂上塗りをして研磨処理を行いました。
PXL_20230808_044112215
ベージュ色のトップコートを塗布して完了です。

名古屋市天白区で陸屋根の下地調査です。ALC下地でした。

2023年9月8日|カテゴリー「代表ブログ
本日は名古屋市天白区で陸屋根の下地調査に行きました。
既存防水層は塩ビシートアンカー固定工法です。
現状雨漏りはしていないようです。
施工依頼を頂いているので、一部既存防水層を捲って下地の確認を行いました。
平面は鉄骨造でALC下地+ボードの様です。
立上りはALC下地です。
入隅の鋼板はアンカー頭を取外して撤去する予定です。
平面のディスクはボードを固定しているようなので、塩ビシートのみを捲ってディスクは締付けて施工する予定です。
今回は塩ビシートを撤去して新規にウレタン塗膜通気緩衝複合工法で施工します。



PXL_20230728_071626885
既存ドレン(排水口)廻りの状態です。
PXL_20230728_071633584
既存防水層は塩ビシートアンカー固定工法です。
PXL_20230821_073454006.MP_
平面の下地はボードでした。
PXL_20230821_073611592
立上りの下地はALC下地でした。
PXL_20230821_074751706.MP_
四角タイプのアンカーでした。
PXL_20230821_075734641
雨養生して明日から新規防水工事を着工します。
PXL_20230821_075731625
ディスクも雨養生しました。

陸屋根で防水工事施工中、改修用鉛ドレンを取付けました。

2023年9月1日|カテゴリー「代表ブログ
本日は陸屋根で既存防水層を撤去しました。
ドレン廻りの状態です。
雨漏りは現状していないようですが、状態としてはあまり良くないので改修用ドレンを取付けました。
ドレン廻りは雨漏りに直結しやすい箇所の為、防水加工をしっかりと施工する必要があります。
今回の新規防水はウレタン塗膜通気緩衝複合工法を施工します。
改修用ドレンは鉛製のタテ用を使用しました。


PXL_20230710_015527621
既存防水層(アスファルト防水)を撤去しました。
既存ドレン廻りの状況です。
PXL_20230710_015537909
既存ドレンは60パイ程度です。
PXL_20230714_005614644
今回は改修用ドレンを取付けました。
pagetop_btn